「加湿器」売れ筋ランキング見る

造船の「技術」と「現場」が一般公開!「造船鉄工祭」に行ってきた。

造船の「技術」と「現場」が一般公開!「造船鉄工祭」に行ってきた。

すー

こんにちは。小さい頃から、工場見学が大好きな僕です。

2018年10月20日(土)、21日(日)に、広島県尾道市の因島で開催された「第3回造船鉄工祭」に参加してきました!

造船鉄工祭とは?

造船鉄工祭とは、古くから「造船の島」として知られる因島で「普段は開放する事のない造船の“技術”や“現場”が一般開放する」特別なイベント。

因島で造船に関わる10数社が協力して作りだされている、日本でも類をみない造船イベントなんです!

今回で3回目を迎える造船鉄工祭。イベントで「ものづくり」や「造船」の魅力を伝えることで、造船という仕事に興味をもってもらい、少しずつでも「造船に携わる人」を増やしていきたいとのこと。

参考 第3回造船鉄工祭造船鉄工祭

造船鉄工祭の1日目に参加してきました。

造船鉄工祭は2日間の開催。

1日目は、「一般未公開の稼働エリアを1日だけ特別解放」する限定予約制の工場見学ツアーが行われていました!

2日目は、造船所内で「鉄曲げ体験」や「亜鉛めっき体験」などの計15種類ワークショップに参加できます。

今回は、1日目の造船鉄工祭に参加してきました。

 

朝6時半に起きて、広島市を7時頃出発し、1日目の会場の重井中学校に到着!

工場見学ツアーまで少しだけ時間があったので、タイタニックごっこをして遊んだり、、、笑

そうこうしていると時間になったので、いざ工場見学ツアーへ!

工場見学ツアーに参加してきた。

まず、工場見学ツアーの説明と注意事項を聞き、「ヘルメット」「マスク」「遮光メガネ」「軍手」を装備し、バスに乗り込む。

今回の工場見学ツアーでは、「イワキテックさん」と「三和ドックさん」2社の工場を周りました!

ハッチカバー生産日本一のイワキテックさん

まずは、ハッチカバーの生産量日本一のイワキテックさんの造船所へ。

ハッチカバーとは、海水が船内に流れ込むのを防ぎ、貨物を守るためにする「船のフタ」のようなものです。

溶接で金属と金属をくっつけたり、歪んでいる金属を真っ平らにするようにひずみを取ったり、様々な工程をおこない、約3週間ほどで、ハッチカバーが完成するそうです。

奥に見える積み重ねられているのが完成した「ハッチカバー」です。

 

 

ハッチカバーのイメージがわかない方は、イワキテックさんのサイトで写真とGIF動画でわかりやすく説明があるのでそちらを見てみてください〜!

参考 舶用関連製品イワキテック株式会社

「船の名医」船舶修繕の三和ドックさん

続いて、船舶修繕の「三和ドック」さんの造船所へ行きます。

「三和ドック」さんは、いわば「船の名医」。

船のエンジンを検査・修繕したり、塗装の塗り直しなどを行います。

 

長い航海の中で、フジツボやカキなどの貝類、海藻類などが船底につくと、スピードや燃費に悪影響を与えてしまうそう。

そして、それを防ぐのが「船の塗装」の役割とのこと!

上の写真の「船底の赤い塗料」は、水に少しずつ溶けることで、船に、貝類や海藻類などが付着するのを防ぐんです!

これを聞いて、船の製造や整備ってめちゃくちゃ考えられてつくられてるんだ!!と感動!

他にも、船がサビづらくする仕組みなどを丁寧に教えていただきました。

 

参考 三和ドック三和ドック

ワークショップにも参加しました。

約1時間ほどで工場見学ツアーを終え、会場の重井中学校に戻ります。

1日目なので、数はすくないのですがワークショップも開催されていたので参加してきました!

 

ゲルマニウムラジオ製作体験

これだけは、絶対に体験したかったゲルマニウムラジオ制作体験!

何がすごいかって、ラジオなのに、電源も電池も必要としないんですよ!!

ということで体験してきました笑

タッパーとコードと、ゲルマニウムダイオードなどが入ったラジオセット。これでラジオを作っていきます。

パーツをいくつか装着して、銅線をタッパーにぐるぐるに巻いていくことで、タッパーをアンテナコイルにしていきます。

若干雑ですが、ぐるぐるに巻き終わりました!

他の部品もどんどん装着していきます。

これで完成!!何気に40分くらいかかりました(コイル作るのって大変。)

ニョロニョロになっているのがイヤホンです!これでほんまにラジオが聞けるのか!?

会場は、電波が弱いのか何も聞こえなかったのですが、広島市内に戻って聞くとNHKラジオが聞けました!!

野球の試合で、音は小さいですがきちんと聞こえました!!

 

ポンポン船製作

続いて、ポンポン船製作を体験しました!

「崖の上のポニョ」に出てきた「宗介のポンポン船」でおなじみの「ポンポン船」を作りました。

何やら水蒸気の力で船が進むそう。

 

ということで作っていきます。

発泡スチロールを船っぽくカットし、ろうそくを両面テープで止め、エンジンの代わりになるものを金属のパイプで作り、発泡スチロールに刺します。ものの5分で完成しました!

これで、水に浮かべて、パイプの中の空気を抜き、ろうそくに火をつけると船が進み始めるんです!!

簡単に原理を説明すると、パイプの中の水がろうろくの火で温められ、パイプ内部で水が水蒸気になり、パイプ内の水が外に押し出されることで前に進みます。科学の力ってすごい。

最後に

造船鉄工祭に参加し、「造船のスケールの大きさ」、「ものづくりの楽しさ」、「科学の素晴らしさ」を大いに感じることができました。

2日目に開催される造船所内でのワークショップに参加できないのが残念なので、来年もまた開催されると嬉しいです!それでは〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です