「加湿器」売れ筋ランキング見る

ひろしま国際平和マラソン「チャレンジコース(10km)」の結果と感想

ひろしま国際平和マラソン「チャレンジコース(10km)」の結果と感想

すー

こんにちは。マラソンで10キロ走って、全身筋肉痛の僕です。

2018年11月3日に開催された「第38回平和マラソン」に参加してきました。

チャレンジコースという10kmのコースを実際に走ってきたので、感想などを紹介します。

ひろしま国際平和マラソンとは?

ひろしま国際平和マラソンは、毎年11月に広島市西区で開催される小学生以上なら誰でも参加できる広島の市民マラソン大会!

  • キッズコース(約1km)
  • ビギナーコース、車いすコース(約5km)
  • チャレンジコース(約10km)

の3つのコースから選んで出場することができます。

参考 第38回 ひろしま国際平和マラソンひろしま国際平和マラソン

ひろしま国際平和マラソン大会当日、スタートまでの流れ

会場周辺はやや渋滞、周辺のコンビニは行列

ひろしま国際平和マラソンのメイン会場は、コカ・コーラ ボトラーズジャパン広島スタジアム(広島市西区観音新町)です。

当日朝の会場付近は、車が渋滞していて、近くのセブンイレブンには行列ができていました。

写真:ひろしま国際平和マラソン 入り口

飲み物などは、事前に用意して持ってくるのがよいです!

会場でも販売していますが、ペットボトル飲料が200円と割高

朝ご飯などは、メイン会場に出店があるので、そこでも食べられますよ〜。

ナンバーカードの引き換え

写真:ひろしま国際平和マラソン ナンバーカード交換所

事前に郵送で届いた、選手証を持って引き換え所に向かいます。

写真:ひろしま国際平和マラソン 選手証とお弁当引換券

8:30~9:40が引き換え時間で、僕は9時過ぎに行きました。

それほど混んでいなく、スムーズに交換が完了し、無事ナンバーカードをゲット!

写真:ひろしま国際平和マラソン ナンバーカード

ナンバーカードとランナーズチップを装着

ひろしま国際平和マラソンでは、タイムを計測するためのチップをシューズに装着して、走ります。

なので、ある程度自分のタイミングでスタートすることができます

ランナーズチップのおかげで、スタート位置で混雑するのを防いで、安全に走ることができるんです。

写真:ひろしま国際平和マラソン ナンバーズチップ

写真:ランナーズチップを靴に装着

出店で腹ごしらえ

朝ご飯を食べずに会場に行ってしまい、コンビニも混んでいて何も買えなかったので、メイン会場の出店で買って食べることにしました。

写真:ひろしま国際平和マラソン 出店

カレーやラーメン、中華など、がっつりしたものから、スイーツやスムージーまで幅広いジャンルの出店がありました。

写真:ひろしま国際平和マラソン 唐揚げ

僕は、醤油からあげを購入しました。500円なのにたくさん入っていてお得!

10km走る前に揚げ物を食べていいのだろうかと思いつつも美味しくいただきました。

テーピングやマッサージも受けられます!

メイン会場には、整体・鍼灸・マッサージ・テーピングなどのブースもあり、なんと無料!

ただ、かなり行列ができているので、サービスを受けたい方は早めに会場に行った方が良さそうです。

 

開会式へ。今年のゲストランナーはSTU48さん。

写真:ひろしま国際平和マラソン 開会式会場入り口

ナンバーカードももらい、腹ごしらえも済ませて準備完了したので、開会式の会場へ向かいます。

写真:ひろしま国際平和マラソン 開会式会場

人がたくさん!!参加者はなんと1万人超!

開会式までの間は、この会場でウォーミングアップをしている人もちらほらいました。

 

開会式では、松井市長さんらの挨拶やゲストランナーの紹介が行われます。

今年のゲストランナーは、STU48さん。

スポーツをテーマに活動するユニット「瀬戸7」、

  • 甲斐心愛さん
  • 瀧野由美子さん
  • 森下舞羽さん

の3名がゲストランナーでした!

トイレを済ませて、番号順にスタート位置に出発

開会式が終わり、トイレを済ませ、いざ出発準備!

ナンバーカードの番号順に列に並び、順番に開会式会場からスタート地点に向かいます。

 

スタート位置の近くにも仮設トイレがあります!

開会式が終わってトイレに行ったのにも関わらず、スタート前にまたトイレに行きたくなってしまう・・・。

スタート地点の隣のガソリンスタンドに仮設トイレが設置されていたので、助かりました!

 

チャレンジコース(10km)の感想と結果

実際に、ひろしま国際平和マラソンで10kmを走った感想と結果を、ランニングウォッチのデータも交えて紹介します!

こちらのランニングウォッチを使用しました。

自分のペースでスタートできる。

靴に計測用のランナーズチップを装着しているので、スタートはある程度、自分のペースで走り始めることができます。

スタートするときに、もみくちゃになることもありませんでした。

急ではないけれど、坂道が多い。

チャレンジコースは、急な坂はないものの、坂道の数が多かった印象。

ランニングウォッチのデータでは、最大高度は9メートルでした。

画像:ひろしま国際平和マラソン チャレンジコースの高度

ペース配分ができなかった

最初は、「1キロメートルを4分44秒」と良いペースで、走れていたのですが、すぐにペースダウン・・・。

結局、平均ペースは「6分20秒/km」でした。

ちょっとペースを上げてみては、「もう無理だ・・・」を繰り返していたのが、グラフからも見てとれますね・・・。

写真:ひろしま国際平和マラソン チャレンジコース ペース

給水所は2カ所

10キロのコースの中で給水所は、「5km地点」と「8km地点」の2カ所にありました。

上記のペースのグラフで、極端にペースが落ちているのが、給水をしたタイミングです。

 

チャレンジコース(10km)の結果

チャレンジコースを走ってみた結果は、こんな感じでした。

GPSの捕捉が、スタート時にできていなかったので、距離が10kmを切っていますが、タイムは正確なものです。

写真;ひろしま国際平和マラソン チャレンジコース 結果

ゴールして記録証をもらう。

ゴールするとすぐに、記録証がもらえます。

速報値ですが、順位は「2144位」でした。

写真:ひろしま国際平和マラソン 記録証

完走後は、ご飯と抽選会!

ひろしま国際平和マラソンは、完走して終わりではありません!

走り終わったあとも楽しめるんです!

食事券が当たるくじ付きの弁当

マラソンの申し込み時に一緒に注文しておいた、「東洋観光グループのグルメサービス」のお弁当。

箸袋がくじになっていて、当たれば食事券がゲットできるのですが、僕はハズレでした。

写真:ひろしま国際平和マラソン お弁当

お弁当は、きのこの炊き込みご飯と豚しゃぶなどなどが入ったお弁当でした!

頑張って走ったあとに食べるとやっぱり美味しいです!

 

ナンバーカードで抽選会!

ひろしま国際平和マラソンでは、2種類の抽選会があります。

1つが事前抽選、もう一つがリアルタイム抽選!

事前抽選は、掲示板に番号が貼り出されて、自分の番号と一致するかを確認します。

写真:ひろしま国際平和マラソン 抽選会

リアルタイム抽選は、まず自分のナンバーカードを1枚、大きな樽の中に入れます。

ゲストランナーの方が、樽の中からカードを引いて、自分のが出ると当たり!っていう感じです。

 

賞品は、サンフレッチェのチケットや、ホテルディナーの食事券など10種類以上ありました。

残念ながら、僕は何も当たりませんでした。笑

最後に

ひろしま国際平和マラソンは、初心者でも、子どもでも、みんな一緒になって楽しめます!

コスプレをして走っている人もちらほらいました。

ぜひ次回はみなさんも参加してみてください〜。

 

僕は今回、タイムが悪くて悔しい思いをしたので、また別の大会でリベンジします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です