日記が続かないあなたへ!続ける3つのメリットとその方法。

日記が続かないあなたへ!続ける3つのメリットとその方法。

こんにちは。

季節は春になったけれど、いつになっても春がこない、僕です。

 

今年もあっという間に2ヶ月終わってしまいましたね。

今年の目標の一つが「毎日日記をつけること」ということで、1月1日から毎日日記をつけていました。

 

これまで何度か日記をつけたことがあったのですが、三日坊主にすらなれないダメっぷり。

小学生の頃、夏休みの絵日記は、最終日にねつ造にねつ造を重ねる、、

 

そんな僕が、2ヶ月も日記を書き続けられた理由と、感じたメリットについて紹介していきます!

 

続かなかった当時と違うこととは?

何度日記を始めても続かなかった当時と違うこと、
それは、スマホアプリで日記を書いていたということです!

 

昔日記を書いていたときは、紙の日記を使っていたり、手帳に書いていたりしていました。

紙の日記は家に置いていることがほとんどで、家じゃないと書くことができず、、、

 

いざ、書こうと思ってもペンが見当たらず、まあいっかってなってしまったり。

そもそも疲れていると文字を書くのも面倒になってしまったりで、なかなか続けられません。

 

そんな僕が今年から使い始めたのは、「My日記」というアプリです。

https://itunes.apple.com/jp/app/my%E6%97%A5%E8%A8%98/id1040960062?mt=8

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.hyperlab.mydiary&hl=ja

 

アプリだと、場所を選ばずどこででも書けます。

紙の日記だと、「日記」「ペン」「机」、この3つがないと書くことができないですよね。

ですが、日記アプリだと、電車の中でも書けるし、寝転びながらでも、暗いところでも書くことができます。

 

スマホって肌身離さず持っている人がほとんどだと思うので、「スマホがないから日記かけない!」なんてことにはならないはずです。

充電が切れて書けなかったことはありますが笑

 

アプリだから通知機能がある!

紙の日記は、ずっと書かなくても、当然何も言ってくれません。

日記アプリだと通知機能があるので、書き忘れも防げます。

 

通知のメッセージも、毎回違ったものが来るので目に止まりやすいです!

「おかえりなさい!今日も1日お疲れさまでした☆」

のように、「今日は日記を書いてません。書きましょう。」と直接的に言われないのもいいところです。

写真:日記アプリ「My日記」のスクリーンショット

 

勉強しようとしてたときに、「勉強しなさい!」って言われたらやる気なくなりますよね。

このアプリはその辺も考えて作られているのかもしれません。

 

 

2ヶ月日記を書き続けて気付いた3つのメリット。

日記を書き続けて良かったなあと感じることが3つあるので紹介します。

 

メリット1:自分の行動を意識して変えるようになる。

まずは、一つ目。これが僕の中では一番のメリットです。、

日記を書き始めると
何も日記に書くことがない!!
という日がいつか訪れます。割とすぐに、、、

日記に書くことがないから、「いつもと違う道で帰ろう」などのように自分の行動が変わります。

休みの日寝て過ごすことが多かったのですが、
日記を書き始めてからは、
このままだと日記に「一日中寝てた」しか書くことがない!!
と危機感を持つようになり、休みの日に何か必ず予定を入れるように変わりました。

 

メリット2:失敗をポジティブに捉えられるようになる。

僕は、失敗を引きずって気にしちゃう性格なのですが、日記を書き始めてから少しだけ変化が。

何か失敗しても、「日記に書くことができた!ラッキー!」とポジティブに捉えられるようになりました。

 

メリット3:過去を簡単に振り返られるようになる。

人間の記憶なんて曖昧で、一昨日食べた晩御飯なんて思い出せません。

1ヶ月前何をしていたかなんてほとんど思い出せないのではないでしょうか?

しかし、日記をつけていると簡単に過去のことを振り返ることができます。

1ヶ月とかではなく年単位で日記を書くと、
去年のお正月は何をしてたとか、去年の誕生日は何をしてたかとかも簡単に思い出せます!

あのときこんなことに興味を持ってて、こんなことに悩んでたのか、、、みたいなことも振り返れます。

 

ちなみに僕が使っている「My日記」には検索機能がついているので、

こんな風に「ビリヤード」と検索すると、いつビリヤードに行ったのか、誰と行ったのかなども簡単にわかります。

写真:日記アプリ「My日記」のスクリーンショット

 

日記を書き続けるコツ。

かといってアプリでも、書き続けられないという方、いるはずです。

そんなあなたに僕がこころがけていることをお伝えします。

 

毎日の生活の一部で行う。

日記を書く時間を取ろうとするとしんどくなる一方。

「帰り道の電車の中」「夜歯を磨きながら」など、普段絶対に行っている行動の一部に混ぜてあげれば、続きやすいです。

 

どうしてもしんどくてもタイトルだけは書く。

僕は、帰りの電車の中で日記を書くことが多いのですが、疲れていたり、酔っていたりするとなかなか書くことできません。

そんなときでも、タイトルだけでも書こうと頑張ります。

次の日にタイトルを見て、思い出して昨日の日記を書けば大丈夫です。

最悪、タイトルだけの日記でも自分を許してあげましょう笑

 

無理に長い文章を書かない。

最初は、どうしても頑張ってその日にあったことを全て書こうとしてしまいますが、「短くてもいいや!」と思いきることも重要です。

無理に長く書くとしんどくなるので、その日印象的だったことだけに絞って短くするようにしましょう。

でも、やっぱり長い日記を書きたくなるときもあるんです笑

その時は思い切って長い日記を書いてもいいでしょう。

 

最後に

日記を書き続けることは、財産だと思います。

過去に自分がどんなことを考えて、行動していたのか振り返れる。

自分の考えていることの傾向がわかる。などいいこと盛りだくさんです!

 

ちなみに、「My日記」はアプリ自体にパスワード機能がついているので、誰かに見られる心配もありません。

それでは素敵な日記ライフを〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です